Feed on
Posts
Comments

Archive for the '病気・症状' Category

今週は落ちついたというかフラット気味で過ごせている。抗うつ剤による不安定を過ぎ、なにやらそこそこの水準をうろついていると言うところだろうか。
今までの経験上このパターン(フラットな感じ)を素直に喜べない。それは「病識を失う」というか、何とも言えず「変な感覚」なのである。そこそこの量の薬を飲んでいて病気のいわば「一形態」なのかもしれないのだ。
そしてそれはあまりにも疑似病前状態であるため、つい普通人と同様に生活をこなしてしまう。学習しているので無理はしない。しかし「病人レベル」以上の動きはしてしまうのだ。
これを考えすぎと見る向きもあるかも知れないが、何度も反動を経験している。また、何かの拍子に軽躁へ向かうという微妙な体調でもあると認識している。
素直に喜べない普通(フラット)な体調。嗚呼、めんどくさい!

Read Full Post »

今年7/11に1年ぶりに抗うつ剤を飲んだ。その時はほどよく浮上してしばらくは心地よく過ごすことが出来た。しかし、その後不安定な波がでてきて切った。そのため何となく不安定になるけど「手段」として残してはおけると思っていた。
長く続いていた軽うつに堪らなくなり、先月28日にルボックスを飲むことを求めた。もうこれ以上「軽うつ」が続くのを我慢できないと・・・。
しかしどういうわけか2日も経たずに「不安定」になった。うつの浮上を喜ぶような「状態」ではないことを体感した。そして私は前回の抗うつ剤服薬の際の「動揺」(薬で支える気分への戸惑い)とはまた違う「発見」をした。
◇ 私の病態はうつが長く(軽うつベース)、長いために生活する中で気づかなくなってしまう時があるということ。→元からこういう自分だったのかなと思ったりするぐらい(病気・症状であることを忘れる)
◇ 上がるときは早く、下がるときはゆっくりという曲線を描いているらしいこと。だから、軽うつに入ったことも気付きにくい。
◇ 下がってからフラットへは耐え難い(おそらく辛抱の限界の先に反転するぐらい)時間を要すること。
◇ プラシーボ効果かも知れないが、抗うつ剤に対する反応が高い。したがって、上にある辛抱を続けてうつを脱するのを待たないと薬によって不安定を誘発し、結果として躁うつの波を起こして全体としての治療をリセットさせてしまうという繰り返しになってしまうこと。
◇ 未だにRC、双極性うつを積極的にねらいを定めて治療を行うにいたっていないもどかしさがある。→明確な発症(軽躁エピソード)からの経過で明確に戦略を定めかねている状況にあること。
主治医と以上のことを話すだけの時間がない(笑)。ゆっくりと診察を受ける中で自分なりに整理をしていこうと思っている。

Read Full Post »

先日来随分と「無気力」「面白くない感」がなくなってきている。軽うつの症状が消失したのだと思われる。
今まで、「低め安定」 というのが理想らしいと聞いていたが、全然そんなのはイヤなのにな?と、ずっとその説のことが理解できずにいた。しかし、今の状態こそがまさに「低め安定」なのではないかということに気づいた。
何しろ、「気分」が落ちついている。ある程度のやる気や楽しいという感覚を持って物事にあたることができている。そして無理のない楽しみを持って生活を送ることができている。 ある意味フツーである。そんな「波」のない、そこそこの気分の水準で毎日を過ごすということのありがたみをかみしめているところだ。
これが寛解状態だというなら、そういうものかもしれないなと納得できると思う。これ以上は望まないし、この状態が崩れるのも怖いというのが今の気持ちだ。

Read Full Post »

8月最終週ぐらいから上がってきている。先週の診察でははっきりと上がっていることを述べた。前々から私が要求していた甲状腺ホルモン投与(過去記事)をDrは口にした。rapid cyclingであること、或いは少なくとも病相の不安定感を認識したようである。
私も10月頃までに上がったらそれ見たことか!と思っていたが、実際上がると当たり前だがやっかいこの上ないものだ。 そして様子見ということで先週はLi600mg、VPA600mgのままで行くことにした。
3連休でグングン軽躁は進行した。今日は休みを取った。自分でも明らかにマズイと感じていた。診察で、LiもVPAも200mgずつ増量となった。安定しているからといって600mgに落としたから上がったという見立てだ。しかし、維持療法の段階であるからとして下げたはずだった。今になって「下げたことの意味」が変化した、その言い方に違和感を覚えた。
睡眠導入剤ベンザリンについても今日聞いた使用量についての説明・過去の説明との整合性は不可解であった。
先週血液検査をした。TSHはLiを600mgにしてからの検査ということもあって1.64であった。つまり、1年以上800mgだった頃と比べて大幅に下がったが、これをどう評価されるのか?またLiを800mgにするがホルモンは入れないのか。判断が難しいだろう。期待したいところだ。

Read Full Post »

これまでずっと病気のことを学び、理解しようと努めてきました。それは、病識がないこと、病気・薬の知識がないことこそが、この病気の症状を改善する妨げになると信じていたからです。
そのため、時に主治医とのやりとりにおいても積極的な発言・態度をとってきました。つねに「気分」をモニタリングしていた時期もありました。
しかし、モニタリングは1年前に止めました。 そして今、病気への関心を持ち続ける加減の難しさをひしひしと感じ始めています。もちろん関心を一切放棄することは危険です。しかし一体どの程度関心を寄せていればいいのか?熱心に関心を持つこと自体が負担になっているし、社会生活の質を下げている気がしています。
一方で頻繁に降りかかる症状に出くわす度に、病気に向き合わざるを得ない以上病気とあまり距離を置くことができないのは事実で、ジレンマと感じています。
直線的に治療が進んでいく病気であれば、 患者の努力が “比例的” に反映するでしょうし、病気への関心は功を奏するのかも知れません。しかし、この病気の本質は “æ³¢” であります。私は未だ慣れないので、この性質がどうも上手く頭に入らないから戸惑っているのかも知れません。
いわゆる “気分” が良くなって喜んでいたら、それは「上がっている」可能性があり素直に喜べません。今日は久し振りに “フラット” な気分でした。喜怒哀楽は特になく、考え事もありませんでした。歩いていて風が気持ちよかったです。 これこそが “安定” している状態なのかなと思いました。ただ、これが「望ましい」気分であるのかと思ったとき、何とも言えない心境になりました。

Read Full Post »

今振り返ると6月20日あたりから、本格的なうつだったようである。渦中にいる本人(私)はそうとは知らずに軽いうつでちょっと調子が悪いぐらいに思っていたようである。日記を読み返してみると本格的なものであるのは一目瞭然だった。
先週から浮上していると感じていたのだが週末に崩れ、さすがにだらだら続くうつに参って7/11に抗うつ剤を要求した。藁をも掴む思いだった。かれこれ1年ぶりに服薬を再開したのだった。
(通常で言う)気分の問題かも知れないが、少し “うつ” の改善が感じられた。が、何とも言えない複雑な気持ちがわき起こった。
“気分” とは作り出すものなのだろうか?そしてその気分は “自然” なものなのだろうか?1年前はそんなことは考えなかったし、その後幸いにも気分安定剤のみで何とかやってきたが故にそれほど薬との関係を意識していなかったのだ。
この度、初めて「薬で支える自分」ということを強く認識することになった。
今すぐには自分の気持ちを整理できないと思うので、とりあえずは複雑な気分になったことだけを記しておく。

Read Full Post »

先週20日の診察で次のようなことを話した。これまでの経過全体を見ると、安定しているとは言えないのではないか。概ね1年に2回は軽躁エピソードが出てきている。これを持って「維持」と考えるのはどうだろうか?と。
私自身ついこの間まで、「こんなもんだろう」と思っていたのだが、5月からの軽躁にはウンザリしたのである。リチウムの予防効果が限定的であるという仮説に基づき、現在の処方を変更して主剤をCBZにするか甲状腺ホルモン(チラーヂンS)を投与するか、そういう変更を求めた。
回答は、消極的だった。今は軽うつ期だからCBZは意味がないし、始めるとしたら三剤併用とのことだった。ホルモン剤は以前から消極的だった。私は一応頭の隅に置いておいて下さいと言って退室した。
昨日また診察の際にしつこく甲状腺ホルモンの話をした。やはり検討するという返事だけだった。まあ仕方がないが、5/18に軽躁が始まったとして、6ヶ月以内にもう一度軽躁が出たら絶対にCBZを入れてもらうよう約束でもしておこうと思っている。

Read Full Post »

ようやく、軽躁が落ちついてきた。・睡眠意欲の回復 ・明らかな行為心迫の消失 ・多少なりとも集中ができるようになった ということで判断している。
経験上一番目の睡眠意欲の回復でほほ判定は間違いないが、問題はこれからである。よく言われるのは、躁のあとには鬱が来るというものだが、実は今とてもフラットな感じであるということだ。今感じている「やれやれ」収まったというのが危ないのではないかと思っている。
「巧妙な罠」で、躁の時突っ走ってしまうだけ、鬱に陥ってしまうということを言っていたのだが、実はこの「収まった時期」にキチンとメンテナンスしておく必要があるのではないか。
波は必ずある。上がったら下がる。しかし躁で必要以上に上がった(どんな必要だ??)場合は通常の波による下がりに加えて、必要以上に使ったであろうエネルギーのツケが必ず存在しているはずである。今回私はそれを恐れている。「収まった」ことに決して安心していないのである。
「収まった」ときこそ躁病相の時と同様にモニターして、慎重に行動すべきだと思う。

Read Full Post »

前々回の記事に書いたように、症状が出てきて妻に再三促されて「まあ、クリニックに行って報告だけしておくか」程度の気持ちで今回の病相の変化に対応しようとしていた。
妻曰く、もう一週間前から兆候はあったとのことだった。確かに思い当たるフシはあるのだが、それをもって上がっただのと、いちいち気にするのもどうかと、これはかつてDrともそんな話をしたことがある。
要はタイミングが難しいということを身に染みて分かったということである。 私はどうもrapidと言ってよい波の間隔の短かさであるが、今回はその波の高さが少し突き抜けたようだ。
少し今の状態が落ちついてから、十分医師と対応の仕方について話をしようと思った。

Read Full Post »

 うつ病から復職された方のお話を聞く機会がありました。気分転換で何かされてますか?という問いかけです。5~6人ぐらいからお話を聞けました。一番うつでしんどいときはともかく、復職の少し前から体力作りをされていて、今では休日になると結構な運動量のスポーツをされておられる方が何人かいらっしゃいました。少なくとも、病前より下がっている方はいませんでした。
 言わば、みんな体力がきれいな弧を描くように回復されているように感じたのです。何とも言えない気分になりました。こらえきれずに、聞いてみました。「運動をしてメンタルの影響は出ませんか」と。要は易疲労性はありませんか?ということを聞きたかったのですが、返ってきた答えは「山に登ったときとかはとてもハイになる」とか「急な坂道を自転車でこいでいて、一定時間辛抱するとハイになる」という、「健全な」答えが返ってきました。当然易疲労なんて概念は説明しませんでしたが・・・。
 心の底からうらやましいと思いました。そして、やはり病気の性質が違うことをまざまざと感じさせられた一件でした。

Read Full Post »

Next »